潜在罹患者2000万人 噛み締め

肩こりや頭痛の影に隠れている噛み締め。

噛み締めは意識して噛むことをやめない限り
なくなることはないと言われています。


しかし、筋膜の異常にきたすということは
言われていません。


実際に異常な肩こりや、頭痛が頻発している人の
筋膜は異常なほど緊張して、癒着も半端ではありません。


一生懸命肩を揉んでも、首の根本を押しても筋膜の緊張と
癒着はびくともしません。


しかし噛み締めが起こっていると緊張する顔の6ポイントを
刺激すると肩こりや頭痛はかなりの頻度で軽減します。


ただ、噛みしめが起こっていると、顔のポイントだけを
刺激しても変化は乏しいです。


脚、腕、胸、背中にも噛みしめの影響が出ています。


しかもそれは筋肉ではなく、筋膜。正確にいうと
表在筋膜と言って、皮膚の直下にある筋膜です。


当店ではこの表在筋膜のアプローチを全身くまなく
行いますので、どんな症状でも早く変化します。


当店のこだわり、筋膜ファーストはこの表在筋膜の
アプローチを重視しているということです。


どんな症状でも、初めは筋膜の癒着から起こります。
これをおざなりにしていると、どんな症状でも取りきれない、
それが筋膜ファーストなのです。


噛みしめていなくても、筋膜ファーストはとても大切な概念なのです。

営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯でQRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

最近の学生さん

先日剣道をやっている高校生がお越しになりました。
膝と腰が痛く、蹲踞(しゃがむこと)が出来ない。


整形外科では筋肉の動きが悪いということで、
筋肉内に注射をしていたそうです。


多分今流行りの筋膜剥がしの注射だと思います。


一時的には痛みは軽減したようですが、
来院時は膝はほとんど曲げられず、
腰は反ると痛み、横に曲げても痛む状態。
筋膜を触ると、パンパンに張っていました。


高校生くらいだと、筋肉に水分が多く
張はあっても、癒着が少ないのが普通。

しかし、彼の筋肉は水分が少なく
まるで高齢者の筋肉のようでした。

普段の練習の時間や日程を聞くと、
かなりの時間を練習に費やしているようでした。

しかも体の手入れは、セルフストレッチのみ。
これでは強くもなれないし、怪我をしやすい
体になってしまいます。

施術後に自分の筋肉を触ってもらうと、
自分の筋肉ではないみたいとのこと。
もちろん膝も腰も痛みは100%解消。

試合も近いということでしたので、
今度は全身を診るので、もう一度近いうちに
くるようにアドバイスして終了。

最近の学生さんは、練習量が多く、
体の手入れもできないくらいタイトな
スケジュールで動いています。

当店では、学生さんが怪我なく
スポーツをやれるように応援しています。
学生さんは大学生までは3000円ですので、
痛みを抱えたお子さんがいるかたは
是非お問い合わせください。

営業時間
9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯でQRコードを
読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

寝違いの本当の意味

寝違えての首の痛み、嫌ですよね。


でも寝違いの本当の意味、分かります?
寝違いは「寝方の間違え」なんです。


施術をしているとよくわかるのですが、
寝違いを起こしやすい人って、
横向きの寝方が悪いのです。


具体的にどこが間違っているかというと、
腕の向きなのです。


したがってある方向に腕を向けると、
首の痛みは軽減します。


先日お越しになった男性の方は、
肩の痛みを訴えてお越しになったのですが
問診でよく寝違いをするらしい。


腕の筋膜調整をすると、
肩の痛みはなくなりました。
症状の改善は3秒で見られました。


この方は寝るときはいつも
右を下にした横向きので寝ることが多く、
過去に何度も寝違いを起こしていたそうです。


そういったことで、腕の捻れから
肩の痛みに移行していったと考えられます。



寝違いの60%くらいは腕から起こっています。
寝違いで首を痛めてなかなか改善しない人、
首の痛みが長期化している人は、
一度腕の筋膜調整をしてみてください。


腕の問題で改善するかは3秒で分かりますよ。


営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯でQRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

痛みのない可動域減少の肩

肩が動かないと訴えて来店された女性の方。


痛みはないのだけど、
洋服を脱ぐのに一苦労しているということ。


整形外科でも整骨院でもこういった場合、
肩関節を診ると思いますが、
肩を動かす関節は単純に肩関節だけではありません。


ここで大切なのは、痛みがないということ。
痛みがないのに肩が動かない場合、
肩甲骨を外してはいけません。


案の定、肩関節を動かす筋肉に癒着はありませんでした。


しかし、肩甲骨を動かす筋肉の癒着は一度では
剥がしきれない大きな癒着でした。


今回で三回目でしたが、ほぼ可動域を取り戻し
次回からは少し気になっていた首の集中施術に移行します。


ここも大変な事実が判明!
またこの方の施術はブログで書きますね。


営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯で
QRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

デスクワーカーの腰痛

現在、整体院に訪れる8割方はデスクワーカーです。


基本的にデスクワークは筋肉を動かさない
仕事がほとんどであるため、
筋肉の絶対量が落ちてしまっています。


そのため、体を支えずらくなっているので、
歪みや変形が顕著に現れています。


特に座った体勢を持続していると、
猫背になり、お腹が圧迫されて行きます。


その結果、お腹のインナーマッスルは
縮んで硬くなります。


そうなると、背中や腰の筋肉は
外へ外へ引っ張られ、さらに猫背が
助長されて行きます。


このような状態が長引くと、肋骨も変形するので、
呼吸も浅くなります。


デスクワーカーの腰痛はこのような過程を経て
起きてくるのです。


これを改善させるには、引っ張られたり、
縮んだ筋膜のこわばりや歪みを解除する
必要があります。


ピールオフでは、筋膜の調整を徹底して行い、
こりや痛みはもちろん、体型の調整を行っています。

営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日 水曜日
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯で
QRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

疲労

よく、中年から年配のお客様から

腰痛や背中痛がひどいのだけど、病院で

レントゲンを撮っても骨には異常がないと

言われるという声がとても多いです。

こういう場合、筋肉が弱っていて、若い時より

疲労を生じて痛みとして感じることが

多いようです。

適度な休暇を取りながら、歩き、行動するよう

心がけましょう。

さらには、筋膜の癒着を剥がし、体を動かせる

環境を作ることで効果が上がります。

営業時間

9;00~21;00(最終受付20時)

定休日;水曜日

住所

富士市宮島231-4 2F

電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます

下記のURLをクリックし携帯でQRコードを

読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

美容師さん理容師さんに共通する首の痛み 

昨日は美容、理容関係の方がお休みのためか、
3名の方がいらっしゃいました。


3名の共通点は、『首の痛み』


しかも定期的に激痛に見舞われるそうで、
しっかりケアしないと仕事にも支障が
出てしまいますよね。


写真にもある通り、髪を切る仕事は肘を高くあげます。


肩の可動域を確保するためには、肘を肩より高く上げる
ことを推奨していますが、これを長くやっていると
首に物凄く負担がかかります。


日常的にこのような動作を長時間している
美容理容関係者はこの動作のために首を
おかしくしています。


3名とも負担がかかる首の前面の
筋膜を剥がしました。
初めてこの首の筋膜を剥がされると、
皆さんビックリします。


しかし、この首の前面の筋膜を剥がすと
首の緊張が取れ、痛みもかなりの確率で
軽減していきます。


もちろん髪を切る仕事以外の方も、
首痛に悩んでいる方はこの首の筋膜剥がしは
とても有効です。



首の痛みがなかなか解決されていない方は、
是非当店の首の筋膜剥がしをご体験ください。



営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯で
QRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

こりと痛みのメカニズム

今日は、私たちの身体にあらわれる、
こりと痛みのメカニズムについてお話します。


私たちが自覚しているこりとか痛みは、
体の器官のどの部分が感じているかを
ご存知でしょうか?


大概は筋肉にこりとか痛みを
感じていると認識しているのでは
ないでしょうか?


しかし、筋肉は痛みやこりを感じる
「感覚器官」ではないのです。


実は、私たちに不快をもたらす痛みやこりは
「筋膜」が感じているのです。



さらにこの筋膜は、こりや痛み、冷え、
むくみ、内臓の不調などをもたらす
根本原因にもなっているのです。



では、
筋膜とは具体的にどんな作用をしているのかを説明します。


筋膜とは、全身の筋肉をくまなく覆い、
筋線維1本1本までもカバーしている薄い膜のこと。


耳慣れない組織ですが、筋肉の形を保ち、
自在に伸び縮みするのを助ける重要な存在です。


実は筋肉に限らず、内臓などあらゆる器官を包み込み、
ひと続きにつながっています。


そんなところから「第二の骨格」とも呼ばれているのです。


このような経緯から筋膜のよじれや硬直が、
なかなか改善しない体の凝りや痛みの
発生源ではないかと、最近にわかに注目を
集めているのです。



ピールオフの施術は、この筋膜のよじれや硬直を整え、
癒着を解除することに務めています。



営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし携帯で
QRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

店名を改め移転しました

オフィス高田で投稿を一回もせずに、

店名変更、移転でこれからブログを書いていきます。

店名は『ピールオフ』に変更しました。

移転場所は富士市宮島213−4 2F

国道1号バイパス、早川交差点を沼津方面からは

右折して2つ目の信号を過ぎてから

少し進むと、黄色い建物の『カートップいずみ』さんがあります。

その南隣が当店になります。

皆さんのお越しをお待ちしています

416-0945 静岡県富士市宮島213−4 2階

電話;0945−30−8310

HP:https://officetakada.com/

営業時間;9;00〜21;00(最終受付20;00)

定休日; 水曜日(火曜日は15;00まで)