安全靴は不健康靴

富士市は工場勤務の方が多くいるため、
安全靴を日常的に履いている方が
結構いるはずです。


安全靴を履いている人は、
かかとを触ればほぼわかります。



そしてそのかかとの硬さが
腰痛や頭痛を起こしている
ということはあまり理解
されていないようです。



安全靴は足の上に物が落ちても
怪我をしないように、
足先に鉄板が入っています。


しかしその影響で、
足指を使った歩行ができません。



足指を使わないでいると起こる
体の不調はここで書き切れないほど
たくさん起こります。



また、足指が自由に動かせない
不自由さを感じるため、
少し大きめの安全靴を履くようです。

先日お越しになった女性の方はまさに、
安全靴を履いて仕事をし、
なおかつ大きめの安全靴を履いているため、
頭痛や腰痛に悩んでいました。



せっかく整体で体の調整をしても、
安全靴はに対する認識を深めないと、
不調の繰り返しになります。



この方に必要なのは、整体よりも
靴のサイズの見直しと、
休み時間は靴を脱ぎ、
足指を広げることです。



筋膜の癒着やよじれは、
あなたの日常生活で起こしている
体の不調の原因を表しています。



なかなか改善しない体の不調を、
筋膜の癒着解除で解決し、
日常の筋膜癒着を起こす原因をアドバイスし、
解決策を示すのがピールオフ の仕事です。

営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
 定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
 電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし
携帯でQRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です