体のゆがみの改善

●ポイントは四肢! 腰! 肩!


前回の投稿でも述べましたが、
体のこりや痛みを解消する最も有効的な
手段は、姿勢を正すことです。


姿勢を正すキーポイントになるのは、
背中に位置している大きい筋肉、
僧帽筋と広背筋を柔軟にキープして
おくことです。


特に、デスクワークで一日中
パソコンに向かっていると、
知らず知らずに肩が前に出て、
背中が丸まった状態になります。



そのような態勢が続くと、
広背筋と僧帽筋は、薄くなり、
体は前側に縮んでゆきます。



薄くなった背中の中にある、
神経も押さえ付けられ、
硬くなることで、本来の働きが
できなくなり、その結果、
筋筋膜を肥厚させ凝りや痛みを
発症させます。


このように、姿勢を崩し、
ゆがみや痛みを発症させた体は、
まず、筋膜の変形を正し、肥厚を正常に
戻さなければなりません。


ちなみに、上体が前屈みになると、
連動して四肢も縮んで伸びない状態に
なっていますので、それらを改善させる
施術が必要になります。


筋膜グリップテクニックでは、
主に縮んで変形した、筋筋膜を
しなやかな状態に戻す施術を施します。


施術でバランスを整えた後は、
患者さん自ら僧帽筋と広背筋を使って
両肩を後ろに退き、背筋と腰を伸ばす
エクササイズをおこなっていただく
必要があります。


これら工程を一定期間繰り返すことで、
姿勢を改善させ、痛みやこりから
解放されたライフスタイルを手に
入れることができるのです。



●姿勢のゆがみを改善させ、 
こりや痛みを無くしたい方は 
こちらにご連絡ください 

筋膜整体ピールオフ0545-30-8310

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です