運動選手と一般人の違い

野球のピッチャーが肘や肩の手術をする
という報道をよく聞きます。


ここでよく勘違いする人がいますが、
一般時も手術をすれば本当に痛みが取れるのか?
ということ。


そもそも我々一般人が手術を勧められる場合と
スポーツ選手が体にメスを入れることは全然違います。


スポーツ選手の手術は
その運動をやるのに支障が出ている場合で、
我々の場合はQOL、生活の満足度を上げるためです。



我々が手術を勧められる症状になっていれば
そもそもスポーツ選手は選手生命が絶望的なんです。



スポーツ選手が手術を決断するのは、
我々の痛みや症状と全く違い、
こんなことをいうと失礼かもしれませんが、
QOLを下げるほど重症ではないんです。



ただしスポーツ選手と我々の感覚の違いは大きいので、
手術は簡単かというとそうではないと思います。



毎年多くの野球の選手も肩や肘の故障で
現役生活に幕をおろしています。



我々が手術を選択しなくてはならない場合は、
QOLの低下の度合いで判断するべきです。


そして、膝痛や肩痛、腰痛などの症状に
外科的手術が必要な場合は僅かである
ということも覚えておかなければなりません。


整体やマッサージを受けて
少しでも痛みの減少傾向がある症状は
私は手術は必要ないと思っています。


もちろん受ける内容にもよりますがね。


膝痛や腰痛で手術を勧められてる人は
ぜひその判断を当店でしてみませんか?

【筋膜整体ピールオフ】
営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
火曜日は15時まで、日曜日は17時まで 
定休日;水曜日・祝日 
住所 富士市宮島231-4 2F
電話;0545-30-8310 
HP:https://officetakada.com/

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし
携帯でQRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です