手指の不自由さが肩の動きを妨げる

手指の節々が変形を起こし、
指の曲げ伸ばしの動きがスムーズにいかない、
または変形と併発して痛みを伴うのが
へバーデン結節という症状。


この症状で整形外科に行くと、
まずはリュウマチの検査をうけ、
陰性であればへバーデン結節と
診断が下ります。



治療法としては、痛み止め以外に
あまりないと聞きます。


歳を重ねると起こる症状ですが、
脳の障害で似たような症状が出ることから、
私は単なる老化とは考えていません。

先日お越しになった、肩の動きが悪く、
痛みを伴った60代後半の女性は、
1回目でかなり痛みの軽減と、
動きの回復があったのですが、


2回目の施術が始まる前に
再度検査してみると、
肩の単関節の動きは良いのですが、
肘、手首を含めた手全体の動きをすると、
肩の動きが減少する事に気づきました。


そしてよく見ると、指の変形がかなり激しく、
上記のへバーデン結節の診断を
もらっているとの事でした。


2回目の施術では動きが悪くなって
変形を起こしている、指の節々の癒着を
丁寧にとり、指の動きの緩慢さで、
曲げ伸ばしが不自由になった
肘の動きに関与する癒着を解除すると、
すべての動きがスムーズになりました。



もちろん指の変形は回復しませんが、
へバーデン結節も放置すると、
指の変形はどんどん進みます。

自分でも日常的に指の節の癒着解除を
行うことを指導し、これ以上悪化しないための
来店方法を提案しました。



関節の変形は治すことはできませんが、
機能を保ち、悪化させない方法はあります。


人の関節は動かさないと硬くなるのは、
筋膜の癒着、正確にいうと結合組織という
筋膜の仲間が関節周りに集まるためです。



日常的に関節を大きく動かす事は、
筋膜の癒着を起こさない最小の自助努力です。


関節の変形を改善するのは期待できませんが、
機能回復は必ず望めます。


関節の変形で痛みを伴って、
お悩みの方は是非お越しください。

営業時間 9;00~21;00(最終受付20時)
定休日;水曜日 
住所 富士市宮島231-4 2F
 電話;0545-30-8310

ラインからも予約ができます
下記のURLをクリックし
携帯でQRコードを読み込んでください。

http://nav.cx/6ISaeju

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です