ねこ背の矯正法

ねこ背の第一の原因は、
肩が前に出ることです。

では、肩が前に出る原因はと言えば、
胸の筋肉が縮んで肩を前に引っ張るからです。

このような状態が慢性化することで、
背中側の肩甲骨は外側に引っ張られ、
僧帽筋や広背筋が薄せんべいのように
平たくなってしまい、その結果として、
退化してゆきます。

退化してゆくと、拘縮を作りますので、
その状態こそが、ねこ背であり
肩こりであり、背中の張りなのです。

ピールオフ では、このような
退化した歪みを筋膜の癒着を
剥がすことで正常な状態に戻して
ゆきます。

退化した筋肉は、バリバリに張った
筋膜で押さえつけられてその機能を
失っているので、

【筋膜グリップテクニック】を
使って、解放させてゆきます。

筋膜が剥がされることで、
筋肉の機能はアップしますので、
僧帽筋や広背筋の働きは、
正常に戻ってゆきます。

しかし、ねこ背は普段の生活習慣で
発生してゆきますので、クライアント自身が、
前にでた肩を後ろに引き、肩甲骨を引き寄せ、
お腹を引っ込め骨盤を真っ直ぐに保つ
エクササイズをおこなう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です